icon loading

西新宿五丁目で偏頭痛、頭痛ならCiel整骨院へ!

2022/06/12 | ciel-dining

【低気圧と頭痛の関係】
こんにちは😃

この時期、頭痛に悩んでる方、多いと思います💦
当院にも、そんな悩みを抱えている人が増えています。

ひどいと肩凝りや吐き気まで出るという話もよく聞きますし、気圧が低くなる数日前から症状が出る方もいます。

気象が変化する事で頭痛や肩凝りなどが起きることを『気象病』とよく言いますよね🧐

これは自律神経失調症が関係されているようです。
※ちなみに、気象病は原因が詳しく解明されていません…

今回は自律神経に焦点を当てたいと思います!
なぜこの時期は頭痛が出やすいのか🤔

自律神経は自分の意思とは関係なく、呼吸をしたり食べた物を消化したり、心臓を動かしたりなど、生命維持に必要な機能を調節します🌟

暑い時に汗をかいたりするのもです☀️

そんな自律神経…繊細がゆえに実は気温や気圧の微妙な変化にもすぐに反応します。

反応した時、カラダに変化が起きるというわけです。

頭痛には種類があり、それぞれ特徴があります。
①偏頭痛
これはこめかみから額にかけてズキンズキンする痛みが起きます。
気圧が低くなる事で血管が拡張し、神経を刺激すると考えられています。

②緊張型頭痛
これは後頭部の中心から両側へじんわりするような痛みが出ます。
症状が出るきっかけはストレスや同じ姿勢を長くしている時などです。
精神的ストレスも原因の一つですね。

また、体内のセロトニンの分泌量も関係されています🧐

セロトニンの役割とは・・・

セロトニンは脳内での神経伝達物質として、精神を安定させる働きをします。
他の神経伝達物質のドパミン、ノルアドレナリンを制御するためです。

また、必須アミノ酸であるトリプトファンから生合成される脳内神経伝達物質の一つでもあります。

ドパミンはアルコールなどを摂取する事で脳内の、報酬系と呼ばれる神経系が活性化されて快楽や喜びなどの快感をもたらします☝️

ノルアドレナリンは激しい感情や強い肉体作業などでストレスを感じたときに、交感神経の情報伝達物質として放出されたり、副腎髄質からホルモンとして放出されます。
恐怖感や驚いた時なども同様です☝️

話は戻ってセロトニンへ…

セロトニンが低下するとドパミンやノルアドレナリンのコントロールが不安定になります💦

不安定になり、バランスが崩れた結果→パニック障害、うつ、イライラして攻撃的になったりなどの精神症状が起きます。

また女性ホルモンの分泌が減ることでセロトニンの低下が関係しているため、更年期障害との関連もあります。

低気圧になったら、セロトニンの分泌量が不安定になります☝️

このセロトニン…血液中の血小板から放出して血管を収縮させる働きがあります。

セロトニンが血管内に大量に出ると脳の血管は縮む→反対にセロトニンが出尽くすと、今度は脳の血管が勢いよく膨張します。

そうすると、血管を取り巻いている神経が興奮した状態となり炎症が・・・

そしてこの炎症が痛み(頭痛)になるのです🙄

女性は男性よりホルモンバランスの変化が多いのでその分、自律神経も働いています。

そこへ低気圧が重なることで、自律神経の動きがさらに活発になり、体調不良が起こりやすくなるとみられています。

低気圧が来そうだな〜という日には、鎮痛剤を飲むのもありですが、飲み続ける事で体の負担になるので注意が必要です。

頭痛には偏頭痛、緊張型以外にも数多くの種類があります。
ここでは一次性頭痛のをみていきます🤔
(一部です)

①偏頭痛
②緊張型頭痛
③群発頭痛
④薬物乱用頭痛

①片頭痛への対処は、暗い部屋で横になるのがよいとされているので、運動したり温めたりするのは避けた方が良いです!

②緊張型頭痛の場合、軽い運動やマッサージが効果的です😊
温めたりするのもいいですね👌

③群発頭痛の特徴は激痛です😭
明け方などに頭の片側、目の奥が激しく痛むことが多いと言われています。

鼻水、涙、結膜の充血を伴うこともあり、アルコールはトリガーになりやすいので注意しましょう💦

④薬物乱用頭痛は、鎮痛剤に頼り過ぎることから起きます。

薬が効かなくなる→さらに強い鎮痛剤を飲む→また薬が効かなくなる。

それを繰り返すと頭痛が悪化する悪循環へ・・・強い薬に慣れるとセロトニンの分泌が不安定になるためより注意が必要です。

頭痛は、薬でも痛みを抑えたり、発症しにくくしたりすることを期待できますが生活習慣を見直して予防しましょう😁

睡眠や食事のリズムを安定させるのが良いですね!

定期的に運動やマッサージをすると心身のバランスが整うので予防にも良いとされています✨

片頭痛の方は無理に体を動かすと悪化するので注意しましょう💦

緊張型頭痛の人は姿勢に気をつけましょう🙄
現代社会では、パソコンやスマートフォンの操作時間がとにかく長いです。

そのため前傾姿勢になると背中の筋肉が引っ張られて凝ってしまい頭痛が生じやすいのです。

特に猫背や、ストレートネックの人は運動して姿勢を良くしましょう!

分泌量が減ることによって片頭痛を引き起こすことがあるとされる脳内物質がセロトニンですよね🙆‍♂️

これを増やす方法は必須アミノ酸のトリプトファン☝️

肉や魚、プロテインなどから摂取しましょう!

緊張型頭痛には、原因となるストレスを緩和するカルシウムの摂取が重要です!
乳製品や小魚は良いとされています🐮

睡眠も大事です✨
睡眠時間が短すぎたり、長すぎたりすると、頭痛を引き起こしやすくなるので気をつけましょう!!

頭痛のタイプで対処方法はたくさんあります🤔
ぜひ当院でそのお悩みを改善してみませんか😁

整骨院 整体院
http://ciel-care.com

加圧•パーソナルトレーニング
http://ciel-dining.com

グーグルマップ

Ciel整骨院 西新宿五丁目店
03-6300-6085
https://g.co/kgs/Y5DBua

Ciel加圧•パーソナルトレーニング 西新宿五丁目店
https://g.co/kgs/VxTG79

Ciel整体院 柴崎体育館駅前店

https://goo.gl/maps/MWYwhnfQz2ChyTdPA

Ciel整体院 立川店
https://g.co/kgs/vRYcwd

西新宿五丁目店

アクセス

大江戸線「西新宿5丁目駅」徒歩7分
丸ノ内線「中野新橋駅」徒歩10分
京王線「初台駅」徒歩12分
京王線「幡ヶ谷駅」徒歩15分
営業時間は8:30~00:00までです。

柴崎体育館前店

多摩モノレール 「柴崎体育館前駅」 徒歩3分

立川店

アクセス
中央線、南武線「立川駅」徒歩7分

#西新宿五丁目 #立川 #立川市 #整体 #めまい #中野新橋 #低気圧 #西新宿五丁目整体 #西新宿五丁目整骨院 #整体 #頭痛 #偏頭痛

RESERVE

ご予約・お問い合わせ

ご予約のご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6300-6085

(定休日:不定休 )

LINE@ LINE@

24時間
(1営業日以内にご返信させていただきます)